鑁阿寺の由来
(足利の大日様)

・大御堂(本堂)

ご本尊様
 (大日如来)

足利義兼公
 ≪戻る
 
【改修後の本堂】
TOPIC≪鑁阿寺≫
【大御堂(本堂)】

 建久7年(1196年)足利義兼公が建立。本尊大日如来、脇本尊として護摩壇に薬師如来、左壇に聖観世音菩薩と聖天様を祀る。後方壇に弘法、興教の二大師、開基鑁阿上人像を始めとして明治維新迄、堀外に存した塔中十二支院の御本尊を安置している。
 方十間百坪、本瓦葺、鎌倉期、天福年間左馬頭義氏(開基足利義兼の子)の棟札もあり。唐様に和様を加味した鎌倉時代の代表的な建造物で明治41年国宝に指定され、昭和8年〜10年解体修理を文部省指導の下に実施した。
 戦後は法改正により現在迄御本堂を信ずる人多い。羊・申年の人の守り本尊でもある。
 大日堂は大御堂、本堂ともよばれ建立のまま、700余年後の今日まで無事に遺存するものです。

TOP